若ハゲの症状はAGAである可能性あり

若ハゲの症状

早い人で20代にもみられる若ハゲはAGA男性型脱毛症の可能性があります。
AGAは脱毛作用のある男性ホルモンが原因になっており、分泌が増えだすと額の生え際や頭頂部から徐々に薄毛が始まりだすという症状を引き起こします。
AGAの症状が見られたら早めに治療をすることが大事です。
それは遅くなるとそれだけ十分な改善が見込めるまで期間もお金も掛かってしまうからです。
AGA治療薬として有名なプロペシアは1錠200円ほどかかる高価な医薬品で、毎日一錠服用することが必要です。
それを3か月から6か月は服用し続けないと効果が出てきません。
途中で中断してしまうと、また薄毛の進行が始まりだすので、その後も服用を続けないといけません。
しかもプロペシアは病院で処方を受けないと手に入らず、病院でのAGA治療は全額自己負担の自費診療なので治療費が高額になります。
こういった理由で治療は早く始めたほうがいいのです。
しかし徐々に進行するので最初は気が付かないことが多いです。
気になる方は細い抜け毛が多くなり始めたらお医者さんで相談してみてください。