発毛成分ミノキシジルで薄毛を治す

リアップ

ミノキシジルはアメリカの会社が開発した発毛成分で、毛細血管を広げる効果があります。元々は血圧を下げるために高血圧患者に処方されていましたが、副作用に薄毛の改善が見られたので男性の薄毛治療に用いられるようになりました。

日本では外用薬が厚生労働省によって認可されています。外用薬では大正製薬の「リアップ」をドラッグストアでも購入できます。皮膚から吸収するため効果は発揮されにくいですが、副作用のリスクを軽減しています。

副作用には低血圧症としてめまいなどがあり、心臓に既往症がある人も利用できません。より高い効果を実感するためには、フィナステリドやミノキシジルタブレットなどの内服薬を併用するのが良いです。内服薬は血液に溶け込んで作用するので、効果の持続時間も長くなります。
ミノキシジルタブレットはFDAでは承認されており5%と10%が発毛効果があります。個人輸入では外用薬も入手できますが、日本と比べると濃度が高いので注意します。