成長因子を利用した毛髪再生治療に必要な回数とは

通院回数は何回かかるのか

人体で新しい細胞が作られる時には、細胞を刺激して細胞分裂を促す成長因子が必要です。
成長因子はグロースファクターとも呼ばれるたんぱく質の一種で、もちろん体内でも作られますが、年齢を重ねると共に生産量が減少していきます。
細胞分裂の回数が減ると老化が進行することから、アンチエイジングなど健康と美容の分野で注目を集めています。

成長因子は、毛髪再生治療にも活用され、男女を問わずに薄毛の進行を停止させたり、抜け毛を抑え育毛と増毛を促す効果が期待されているのが特徴です。
治療にはダーマスタンプと呼ばれる医療用スタンプを使用します。
極微細の針を頭皮に押し当てることで微細な傷をつけ、そこに成長因子を注入することで外用薬よりもしっかりと浸透させることが可能です。
痛みはほとんどありませんが、痛みに敏感な人のために皮膚の表面の感覚を麻痺させる麻酔などを用意しているクリニックもあります。

ダーマスタンプ法に加え、内服薬や外用薬を組み合わせることで、より高い効果が期待できるようになります。
毛髪再生治療は、一定期間継続することで徐々に効果が現れます。
クリニックによって回数や期間が異なる場合がありますが、沖縄では1週間から2週間に1回程度の治療を行いながら、16回を1クールとして治療回数を重ねるのが一般的です。