ひこう性脱毛症の症状と治療

ひこう性脱毛症とは、頭皮のフケが毛穴周辺を塞ぎ、バイ菌などが繁殖して毛根が炎症を起こし脱毛してしまう症状です。 その原因は、頭皮を清潔に保ち過ぎている事が原因の一つだと言われています。

頭皮をシャンプーなどで、激しく洗浄してしまうと頭皮は乾燥してしまいフケが生じやすくなってしまいます。 また、ホルモンバランスの異常も原因の一つだといわれています。

ひこう性脱毛症になってしまったら、病院に行くとステロイドが含まれた薬品を処方してくれます。 ステロイドは炎症を抑える効果がありますから、症状を軽くする事が出来ます。 しかし、薬をしようしたからといったすぐに完治するわけではありません。

特に慢性化してしまっている人は、治療に長い期間が掛かってしまう場合もあります。 薬だけではなく、頭皮に炎症が起きている間は、刺激の少ないシャンプーに変える事で頭皮への刺激を抑える事が出来ます。 慢性化する前に早めの治療する事が、治療期間を短くする事に繋がります。