AGAの原因はヘアサイクルの乱れ

AGAの原因ヘアサイクル

AGAの原因と病院治療と言う記事をインターネットの中で見かける事が多くなっています。
AGAは男性型脱毛症と呼ばれる薄毛で、AGAの原因と病院治療の必要性というのは、ヘアサイクルが原因であり、それを正しくする病院治療が重要な鍵を握るのだと言われているのです。

AGAの原因と病院治療の内、AGAの原因は遺伝子による男性ホルモンの乱れが要因していると言います。
病院ではこの遺伝子を検査する事で治療を可能にしているのが特徴でもあるのです。

男性ホルモンが乱れる事で、人間の身体の中に有る酵素と結びついてDHTと呼ばれる物質が作り出されてしまうのです。
DHTは髪の毛のヘアサイクルを乱すものであり、成長期の期間を著しく短くしてしまう性質を持っているのです。

髪の毛というのは、2年から3年の成長期が有ると言われており、この間に太く長く髪の毛は成長するのですが、DHTはこれを数か月程度の期間に短縮させてしまい、太く長く伸びる髪の毛は途中で抜け落ちる事になります。

病院治療では、DHTを抑制させ髪の毛のサイクルと言うものを正しくする治療をおこなってくれるのです。