髪を傷めないシャンプーで汚れを落とす

シャンプー

髪を傷めないシャンプー術、薄毛対策には、汚れをきちんと落とすということがとても大切です。
シャンプー前に、まだ髪が乾いている状態のうちに、しっかりブラッシングを行います。 ブラッシングをすることにより、髪についた皮脂や汚れを浮かせて落としやすくなる為です。

濡れた髪はキューティクルが開いているので、そこでブラッシングをするとキューティクルが剥がれやすくなり、傷む原因になりますので、濡れている時のブラッシングは辞めましょう。
また、ムースやジェルなどで固めている状態の時に無理にブラッシングすると、ブラシの歯が通りにくいので力を入れて無理にブラッシングしてしまうことになり、頭皮が傷ついてしまう恐れがあります。 全体を優しく丁寧に、満遍なくブラッシングするようにしましょう。

頭皮の部分に皮脂や汚れがたまりやすく落ちにくいので、頭皮をやさしく洗います。
その時に、爪を立ててしまうと頭皮を傷つける恐れがあるので、指の腹を使って洗うことも大切です。 また、ごしごし力を入れてこすると頭皮を傷つけるので、やさしく洗います。